トップページ商品一覧もみしそ
 

2016年産の新物もみしそ、販売終了です!! 2017年産は6月以降です!!

もみしそ
色・香り・風味、最高級の品質!! 超こだわり農家の紀州産『もみしそ』!!
家で梅干を漬込むなら、やっぱり『紫蘇』にもこだわりたい。
300g1パックで、青梅3kg分の梅干しと漬け込むことができます。
上門園の紀州産「もみしそ」300gパック。
紀州産「もみしそ」300g
上門農園のしそ梅干にも使用されている『もみしそ』です。
上門農園梅畑近くの契約農家に生産委託しています。
『もみしそ』を梅干と一緒に漬け込みめば、しそ梅干になります。
軽く塩抜きし天日に干し、粉末にして紫蘇ふりかけ(ゆかり)として。
紫蘇には免疫力を高め、アトピー・花粉症・アレルギーを抑える働きがあります。
ポリフェノールが活性酸素の働きを抑えてくれます。
手間ひま懸けてご家庭で梅干を漬け込むなら、ぜひ一度こだわりの『もみしそ』
をお試しください。その風味の奥深さが違います。
○品  名:もみしそ【2016年産】
○原材料:赤紫蘇(紀州産)、赤穂の塩
○内容量:300g
○保存方法:直射日光を避けて常温保存
○賞味期限:ラベルに記載(未開封、製造日より1年)
○単品価格:530円(税込み) ※単品の場合送料は別途かかります。
注文数


2017年産の新物は6月か7月からの出荷となります。m(__)m
 



2016年産新物もみしそ出荷開始しました!(7/5)

2016年産新物もみしその出荷時期について(6/27)


【四畳半の住人】様からメールいただきました。 
 手作り梅干のめっちゃ詳しいサイトを作っている【四畳半の住人】様からメールいただきました!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
 実は昨年(2015年)ご注文いただき、今年もいただけるかな?と思っていたところでした。ご家庭で梅干を漬ける方はぜひ、参考にしてくださいね。

************************<いただいたメール>***********************

「昨年使わせていただきました。超感動しました。今年も,紫蘇を買ってきて少しは処理はじめましたが、こちらの赤紫蘇の品質と手間のなさにはまったく敵いませんで、やはり注文させていただきます。

⇒ すんごーく綺麗にできました。

⇒ こちらにも勝手にリンクさせていただいています。


************************<いただいたメール>***********************

お取り寄せした梅も良かったようで、美味しそうなしそ梅干になっています。
下の画像はリンク先の【四畳半の住人】さんのものです。



ケース単位でご注文の場合はお得です!!
もみしそ【2016年産】 8パック入り
紀州産「もみしそ」300g×8パック入り
注文数 ケース

4,500
(税込・送料込み価格)
※北海道・沖縄・離島は+300円別途かかります。


2017年産の新物は6月か7月からの出荷となります。m(__)m


ご注文はショッピングカートかFAX注文用紙をご利用下さい。
 ご注文に関する注意事項     商品一覧   『特定商取引に関する法律』による表示


 がんばって更新中!!最新のニュースはこちら!!
上門園 南風の里(うえかどえん まぜのと) web店長 HIRO のブログです。農園の様子や日々思うことなどを気ままにお伝えしようと思います。


2015年産の新物もみしそ好評出荷中!!(7/9)

2014産のもみしその情報はこちら(5/9)

2011年産の紫蘇畑の様子(5/25)はこちらをどうぞ!!

2010年産の紫蘇畑の様子(5/13)はこちらをどうぞ!!


もっと詳しく当園の『もみしそ』について知りたい人は、こちらからどうぞ。
もみしそ詳細説明
もみしそ詳細説明のページへ。

 『もみしそ』のご利用方法
梅干と漬けて『しそ梅干』に
・『もみしそ』1パック300gは、青梅3kg分が目安です。
・梅を塩漬け・天日干し後、最低1ヶ月以上熟成させます。理想は1年間です。
・『もみしそ』と漬ける前に、梅干を軽く水洗いし、風通しの良い所で一晩水切り。
・保存する容器の底に『もみしそ』を敷き、その上に『梅干』⇒『もみしそ』⇒
『梅干』⇒『もみしそ』と交互に重ね、一番上はやや多めに『もみしそ』を置きます。
・塩漬けした時の『梅酢』を戻します。(なければ市販の梅酢でも可。) 
梅酢はヒタヒタになるように。入れすぎてもダメ。
・冷暗所に1ヶ月くらい保管すると、色も香りも最高級の『しそ梅干』になります。
白梅干しでの熟成期間が長いほど、早く色も香りも移行します。
 
ゆかりふりかけ
・『もみしそ』をそのまま天日で乾燥させ、お茶葉を入れる缶などに保存する。
・使う分だけ細かく刻んで。又はミキサーなどで粉末にする。
 ※まとめて粉末にしてもよいが、使う分だけ細かくした方が香りが長持ちする。
・ごはんに混ぜれば『ゆかりごはん』の出来上がり。
 
『もみしそ』おにぎり
・『もみしそ』をそのまま細かく刻んで、あとはホカホカご飯とまぜて握るだけ!!
・暑い季節は食欲も落ちやすいですが、紫蘇の香りが食欲をそそります。
 
しそ茶
・湯飲みに『もみしそ』をそのまま適量入れて、お湯をそそぎます。
・香りもよく、リラックス効果もあります。日本人にはハーブティーではなく、やっぱ
り『しそ茶』です!!
 

 紫蘇の効用・語源
紫蘇の効用
・抗酸化物質の『ルテオリン』『α-リノレン酸』が多く含まれており、免疫力を
高め、現代病のアトピーや花粉症・アレルギーに有効です。
・食中毒予防、解熱、鎮咳、鎮痛作用があり、感冒、消化不良などの症状に良い。
また、消臭作用、血中のアルコール分解促進作用、食欲の増進、腸内殺菌をする
などなど。

紫蘇の語源
その昔食中毒になり、肌の色が紫に変色して死にかけた少年に、紫蘇の葉を煎じ
て飲ませたところ、命が蘇ったことから『紫蘇』と名付けられたそうです。


超こだわり紀州産『もみしそ』に寄せられたお客様の声
先日、頂いた「もみしそ」感動しました(笑)。小梅も梅もすごくいい色に漬かっています。有難うございました。                           (三重県 H.H様)
このもみしそを使い始めて3年目になります。そこそこの梅でも美味しく仕上がってくれますので、梅干し作りが楽しみです。本年度のもみしその配送をお願いします。  
                                     (千葉県 I.Y様)
昨年注文してとてもいい揉みシソだったので、今年も(*´▽`*)と言うか、これからもずっとこちらで購入させて頂く予定です。                  (埼玉県 M.A様)
家で紫蘇を栽培していましたが作業が大変なうえ美味しくありませんでした。こちらの品は最高です。                                (奈良県 S.H様)
もみしそ、今年の梅干しの色が足りなくて困っていた友人のお宅で追加の赤紫蘇として使わせて頂きました。時期外れで手に入らず困っていたのでとても助かりましたと話していました。
ありがとうございました。。いつもおいしいものをありがとうございます。これからもすばらしい農園を守り続けてください。                (北海道 O.Y様)
去年送って頂いた梅、多用途に色々作りましたが、どれも美味しくうま味が一杯でした。新紫蘇も大変美味しく、どの料理に入れても、おにぎりに新紫蘇と胡麻とあえてシンプルに味わっても大変美味しかったです。冷めたおにぎりでも、とても紫蘇が美味しく美味しいおにぎりで大変気に入ってます。                       (京都府 W.K様)
もみしそが届きました♪とてもよいもみしそですね♪今年は美味しい梅干ができそうです。それに、プレゼントの美味しい梅干もありがとうございました(o^-^o)父も母も大喜びでした♪最高の梅干ですね^^しそもとても美味しくてこんなに美味しいお味は初めてでした♪来年は、ウメともみしそをセットで買いたいです。                    (横浜市 F.Y様)
去年買いましてとても美味しかったです。     (群馬県 K.Kさま)
去年そちらのしそで梅干を作りました。そのしそをゆかりにして子供たちに食べさせています。市販のものは色んな添加物でいっぱいですが、安心して与えられる上、子供たちもとても喜んで食べています。今年も楽しみにしています.。  (福井県 T.Nさま)
おはようございます。先日は、早速「もみしそ」をお送りいただき有難うございました。
品質の良さに本当にびっくり、値段も「通販」で買うと送料が乗っかるので高いと感じるものの、裸値段はむしろ安すぎるくらい。本当にうれしく、いささか感激しました。
スーパー等で売っている「もみしそ」は、性が抜けていて、何か直ぐに溶けそうな気がして、余計気持ちが悪く、どうしても使う気になれませんでしたが、本品を見て、本当に生産者の自負心や姿勢みたいなものが感じられて、さわやかで、来年からは、もう自分で葉じそを探さないで、これにしようかと思っています。

例年は、しその品質を考慮して、少し多めに放り込んでおりましたが、お送りいただいた資料には、1パックで3kgつけられることが書いてありましたし、品質がいいので、今から追加でもう数キロほど、梅をつけようかと思っています。
お送りいただいたものがよく、とても感激したので、つまらぬメールを書きました。
これから、きつい季節になりますが、どうぞ皆様十分な体調管理の上ご丹精ください。
ありがとうございました。  (愛知県 M.Yさま)
市販の物全然色つきません。自分で揉んでも上手くいきません。
一度ためして見たいと思います。  (大阪府 O.Mさま)
昨年に続いて2回目の利用になります。宜しくお願いします。  (長野県 I.Tさま)
早速、『もみしそ』を送ってくださり、ありがとうございました!
赤しそ漬けは、通常塩漬けの後白梅酢が上がり、赤しそが出回る6月下旬〜7月上旬となっている本ばかリでしたので、今年は仕事をし始めて忙しくなってしまい、7月末に赤しそを近所で探して見つからなかった時は毎日気が気でなかったです。
わらにもすがる気持ちで慣れないPCを開いてインターネットなるもので探し始め、そこで上門園さんのHPに出会ったのです。
HIROさんの「遅いなんて全然ないですよ。」ということばにほっとしました。
「紫蘇と漬けるのは『天日干し』の後、さらに1、2ヶ月熟成させてから。」と言うことに、これまた目からウロコ状態でした。
『究極のしそ梅干』の作り方は、とてもわかりやすく、これからがんばってみようと思いました。

おまけの『しそ梅干』もとてもおいしかったです。
梅干にうるさい主人も「市販の梅干とは全く違う手作りの味がする。おいしいと。」
もちろん子ども達にも大好評でした。
『究極のしそ梅干』の作り方を参考にしてこれから、取り組んでみたいと思います。
(台風の時期なので、お天気がちょっと心配ですが。)
そして来年はぜひ上門園さんの『紀州南高梅』も試してみたいと考えております。
本当に上門園さんに出会えたこと、感謝しています。m( _ _ )m  (横浜市 I.Eさま)

この極上の紀州産『もみしそ』を使った『しそ梅干』はこちら
極上の紀州産『もみしそ』を使った『しそ梅干』はここをクリック!!
トップページへGO!!
**** 商品一覧へ戻る ****